オットー・プレミンジャーを通販で調べました

オットー・プレミンジャーに関する通販商品をご紹介しています。

キーワード:



TOPページ | 次のページ

バニー・レークは行方不明 [DVD]

価格:3,460円 新品の出品:3,460円 中古品の出品:2,500円
コレクター商品の出品:1,000円
カスタマーレビュー
ある日突然少女が消えた…誘拐?それとも彼女など初めからいなかったのか? アメリカからロンドンにやってきたシングル・マザーのアン・レーク(c・リンレー)は、特派員をしているロンドン在住の兄、スティーブン(k・デュリア)が前もって手配してくれた保育園に娘のバニーを預ける。アパートで荷物を解いた後、バニーを迎えにいくが娘の姿はどこにもなく、保育園の校長や職員もそんな娘の姿は見なかったと言い、名簿にもバニーの名前は記載されていなかった。通報を受け、捜査にあたったニューハウス警視(l・オリヴィエ)に求められ、バニーの写真を見せようとしアンだったがアパートに残された荷物の中には写真どころかバニーの存在を示すものは何一つ見つからなかった・・・バニーを目撃した者がいないため、警視は、そもそもバニーは存在していなかったのではないかとの疑念を持つ。そしてスティーブンは警視に、子供の頃、孤独だったスティーブンと
縮みゆく人間 [DVD]

価格:1,620円 新品の出品:1,620円 中古品の出品:1,056円
コレクター商品の出品:11,000円
カスタマーレビュー
傑作sf映画選 縮みゆく人間 原題: the incredible shrinking man(1957年) ☆仕様 片面一層/80分/モノクロ/モノラル・英語/日本語字幕/スタンダードサイズ ☆監督 ジャック・アーノルド ☆出演 グラント・ウィリアムズ/ランディ・スチュアート/エイプリル・ケント/ポール・ラングトン/ウィリアム・シャラート ☆原作・脚本 リチャード・マシスン ☆解説 「地球最後の男」「激闘!」「トワイライトゾーン/超次元の体験」等の脚本を手がけたsf作家リチャード・マシスンが、1956年に発表したsf小説の完全映画化。 「大アマゾンの半魚人」「それは外宇宙からやって来た」 「ピーター・セラーズのマ☆ウ☆ス」のジャック・アーノルド監督作品。 縮みゆく男スコットを熱演するのは「魚雷艇109」「人類最終兵器ドゥームズデイ・マシーン」のグラント・ウィリアムズ。 「
悲しみよこんにちは [DVD]

価格:956円 新品の出品:956円 中古品の出品:578円
コレクター商品の出品:2,800円
カスタマーレビュー
フランソワーズ・サガンの原作を映像化。17歳の少女を主人公にし、若い世代の心理を描いた作品。
栄光への脱出 [DVD]

価格:1,071円 新品の出品:1,071円 中古品の出品:1,250円
コレクター商品の出品:65,649円
カスタマーレビュー
“エクソダス”! 生存・独立・国家建設に望みをかけた戦い!<キャスト&スタッフ>アリ…ポール・ニューマンキティ…エヴァ・マリー・セイントサザーランド…ラルフ・リチャードソン監督・製作:オットー・プレミンジャー脚本:ダルトン・トランボ撮影:サム・リーヴィット音楽:アーネスト・ゴールド●字幕翻訳:金田文夫<ストーリー>第2次世界大戦後、パレスチナは英国の統治下になり、聖地復興を目指すユダヤ人のパレスチナ移住が始まった。だが英国は彼らを捕まえて途中のキプロスへ送り込む政策をとった。脱出船“エクソダス号”は、パレスチナの入国許可を求めてキプロスの港を離れた……。<ポイント>◆1960年度(第33回)アカデミー賞音楽賞受賞、1960年度ゴールデン・グローブ賞助演男優賞受賞●脚本は「ローマの休日」をイアン・マクレラン・ハンター名義で担当していたダルトン・トランボ●主演のポール・ニューマンがこの作品で
帰らざる河 [DVD]

価格:933円 新品の出品:780円 中古品の出品:1,350円
コレクター商品の出品:800円
カスタマーレビュー
ロッキーの大自然を舞台に描かれる西部男と酒場の歌手との愛と激情! 映画音楽史に残る名曲を生み出した西部劇の傑作! 映画の言葉 “自分の行く所が分からない時は、一度戻って出直すのがいい"<キャスト&スタッフ>マット・コールダー…ロバート・ミッチャム(浦野 光)ケイ…マリリン・モンロー(向井真理子)ハリー・ウェストン…ロリー・カルホーン(山田康雄)監督:オットー・プレミンジャー製作:スタンリー・ルービン脚本:フランク・フェントン●字幕翻訳:木原たけし<ストーリー>酒場の歌手ケイに預けていた息子を引き取って新しい農場の開拓を始めたマット。ある日ケイと彼女の婚約者が激流“帰らざる河"を漂流しているところを救った。しかしケイの婚約者はマットから馬と拳銃を奪って逃げてしまった。インディアンの襲撃も受け、マットと息子、そしてケイの3人は“帰らざる河"を下ることになるのだが

TOPページ | 次のページ